女性が結婚相手に求める9個の最低条件

男性必見!女性が結婚相手に求める最低条件とは?

「結婚願望あるの?」 アラサー女子なら、幾度となく繰り返されるこの質問。 「・・・あるに決まってるじゃん」 内心ではそう思いながらも、あまりガツガツしてるところは見せたくないですよね。

しかし、いくら結婚願望があったとしても、それは相応しい相手がいればの話。どこの馬の骨かもわからないような人とは一緒になりたくありません。

そこで、結婚相手に求める最低条件10個とは?!アラサー女子の本音をまとめてみました。

最低条件①生理的に受け付けるレベルの容姿

小栗旬並みの身長や顔?!いいえ、そんな高望みはしません。

将来生まれてくるであろう子どものことを考えたら、そりゃあイケメンと結婚した方が良い遺伝子を残せるに決まっています。 美人・イケメンほど、人生イージーなんだろうなあとも思います。

しかし現実問題、イケメン男性はモテるため、仮に結婚できたとしても浮気の心配が残りますよね。 最低条件として、生理的に受け付けない顔でなければ結婚できます。

最低条件②子育てができるラインは年収370万円

年収が高い人が婚活市場では最も有利だというのは、よく聞く話です。 年収の低い人と結婚して、将来苦労したくないというのが女性の本音。

理想は、40代になった時に夫婦で1,000万円。

それくらいないと、子ども2人を大学までいかせるのは正直厳しいのでは?と思います。 夫婦で500万円程度なら、子ども1人であれば大学にいかせてあげられそうですね。 なので、女性がパートで130万円、男性が正社員で370万円が子育てができる最低ラインだと思います。 それ以下だったら、子どもを育てるのは諦めます。

最低条件③金銭感覚が極端すぎない

見栄っ張りな人は要注意。

お金がないのに誰に対しても奢っているような人であれば、計画さを疑います。

しかし、ケチすぎるのも問題。 お互い我慢しすぎない程度に、一緒にやりくりできる人が理想ですね。

最低条件④学歴はなくても常識があればOK

高学歴女子にありがちなのが、「自分と同程度またはそれ以上の学歴を相手にも求める」ということです。 自分と同程度の学歴がある人は、生きていく過程で同じような選択をしてきたということ。 似たような環境で育ってきたということです。

そういう人を選んでおけば、後の教育観でぶつかることも少なそうだし、価値観も合うので理想的です。 しかし、高学歴な男性は婚活市場でもなかなか人気が高く、美人や気配りができるなどのスペックがない限り狙うのは難しい。 なので最低条件、常識があれば学歴は気にしない方がいい結婚ができるでしょう。

最低条件⑤家事を30%はしてほしい

もしパートナーが30代で年収1,000万円で、妻と子供を養うだけの力があるのなら、喜んで家事に専念したいと思います。 しかし実際問題、30代で年収1,000万円稼ぐ人なんて全人口の数%にすぎません。

男性は外で仕事をして、女性は家事に専念する。 そんな時代はとうに終わりました。 女性にも同じように外で仕事をすることを求めるのなら、せめて男性にも家事の30%は協力して欲しいと思います。

最低条件⑥家族に3年に1回は顔見せしてほしい

結婚するということは、家族になるということ。 自分の家族とパートナーが仲良くなってくれたら、そんな嬉しいことはないですよね。

しかし実際問題、相手の家族と仲良くなれずに離婚してしまうケースも存在します。 結論、家族と仲良くしてくれなくてもいいから、3年に1回は顔を出すくらいの誠意は見せてほしいなあと思います。

最低条件⑦謙虚な心を持っている

たまにいるんですよね、ものすごく人を見下す人。 常に人より上に立ちたがるので、家庭内でも自分に決定権がないとイライラしてしまうんです。

正直めんどくさい。 あまりに自分に自信がない人も嫌だけど、謙虚な心を持ち合わせている人が良いですね。

最低条件⑧浮気しても隠し通してほしい

最近マスコミやメディアで浮気に対するバッシングが激しいですね。 若い時代にナンパにハマっていたなど、女遊びが激しかった人は要注意。

女好きは不治の病です。結婚したからと言って治るものではありません。 女好きかどうか、こればかりは付き合っているうちに見定めたいものですね。

浮気をするならするで、徹底的にバレないように対策をしてからやってくれと思います。

最低条件⑨一緒にいて楽かどうか

最後の条件は、「一緒にいて楽かどうか」これにつきます。 何だか気を使ってしまう、言いたいことを言えない、一緒にいるとストレスがたまる・・・どちらかが無理をしていては、結婚生活はうまくいきません。

一緒にいてドキドキする相手は恋人にはいいかもしれない。 でも結婚相手にするなら、「同じ空間にお互い無言でも気を使わない」くらいの関係が理想ですね。

最後に

いかがでしたか? 今回は女性が結婚相手に求める10個の最低条件について書いてみました。 これを読んで、「案外自分でもいけそうだな」と思えたあなたは勝ち組。 後は結婚相手を探すのみです。 素敵な結婚生活を目指して頑張りましょう。

婚活が上手くいっていない方へ

婚活イラスト

「マッチングアプリを使えばすぐパートナーがみつかる!!」「出逢いさえあれば・・・」「色んなパーティに行ったけど良い出逢いはない・・・」

婚活をはじめて、必死に頑張ってはいるけど、結婚までトントン拍子に進む人とそうでない人がいます。

割合でいうと上手くいかない人の方が多いのではないでしょうか?私も婚活をはじめて数年経ちますが「婚活って難しい」と感じています。

みんなと同じようにマッチングアプリに登録し、いいねを押し、メッセージをやりとりし、なんとか数名逢える程度でした。そこからは進展なし。婚活って普通にやってると体力、精神ともに疲弊します。しんどいです。

しかし効率を考えて婚活をすれば負担も減り、結婚できる可能性が上がる事を知っていますか?マッチングアプリより結婚相談所の方が成婚率が高くなる理由は効率、自分の見せ方、相談できる仲人がいるからなんです。

でも結婚相談所って費用が高くおもいきれないですよね。そんな方におすすめなのがウェルスマです。ウェルスマはオンラインの結婚相談所なので費用がかなり安いです。入会金128,00円で月9,800円で利用できます。

婚活が上手くいっていない方は一度ウェルスマを検討してみて下さい。

ウェルスマ

安いとはいっても敷居は高いし、不安なのでマッチングアプリで頑張りたいといった方はアプリに掲載する写真を自撮り写真ではなく、プロのカメラマンに撮ってもらって下さい。マッチング率、出逢えるまでの確率がアップする傾向にあります。マッチしても出逢えるまでが大変なアプリ、少しでも確率を上げ婚活を頑張りましょう。

婚活プロフィール写真の撮影でおすすめなのがフォトジョイです。婚活プロフィール写真に特化したサービスなので自分の魅力を上手く表現し撮影してくれます。

Photojoy

ページの先頭へ