恋愛結婚VSお見合い結婚どっちが幸せになれる?

恋愛結婚とお見合い結婚どっちが幸せになれるのか?

一昔前はお見合い結婚が当たり前の時代で、結婚適齢期になれば両親、 会社の上司、近くの知人に紹介され結婚に至ると言った流れが主流でした。

現在はと言うと会社で知り合った異性であったり、何かしらの出会いがあり、 恋愛し結婚に至ると言った流れが主流です。
私自信結婚に至る過程は何でも良いと思っているのですが、結婚後どっちの方が幸せになれるのか?気になって色々調べてみました。

悩んでいる男性

お見合い結婚のメリット

お見合い
恋愛結婚に比べお見合い結婚は(相手の事を深く知らない、そこまでタイプでは無いが良い人そう) といった人と結婚する事が多い様です。
この様な形で結婚生活がスタートする訳ですが、心理学的に見るとメリットが結構あります。 理由は

相手に対しての価値が低い分評価が上がりやすい

これを心理学的に言うと、獲得感、損失感と言います。
獲得感とは例えば、最初は時給500円だと聞いていたのに働いた後、給与袋を開けてみると時給800円分入っていた。この時の感情は最初に時給800円と言われ働く時よりも嬉しいはずです。これは人間の獲得したい欲求が満たされる事により芽生える感情です。
損失感とは獲得感の逆、与えられたものを取り上げられると、否定的な感情が芽生えます。
これを結婚生活に例えると、お見合い結婚の場合、相手に対しての評価があまり高くない所から始まる傾向が多いです。なのでちょっとした良い行動をすると相手に対しての評価が上がりやすいのです。
反対に嫌いな点が見えても、最初の評価があまり高くない為相手を許す事が容易なのです。
(損失感が無い状態)
これがお見合い結婚のメリットです。
結婚生活において相手を理解する、許すといった思考は必須です。
お見合い結婚後の生活はこの獲得感が高く、損失感が低くなる傾向に有ります。

恋愛結婚のメリット

カップル
恋愛結婚はお見合い結婚に比べ相手の事を深く知り、好きと言った感情が強い時点で結婚する方が多いです。
メリットは好きの状態で結婚出来ると言った素晴らしい状態で結婚生活をスタート出来る点です。

しかし上記で述べた獲得感、喪失感レベルでみると良くはないです。
相手に対し最初の評価が高い為、獲得感を得られる敷居は高く、損失感は容易に得られます。
例えば結婚してから相手が冷たくなったと感じる人が多いのは、この獲得感、喪失感の積み重ねが影響していると考えられます。

しかし恋愛結婚していつまでも仲良く暮らすカップルも多いので、相手を理解し思いやる気持ちを持ちつつ行動すれば問題なく夫婦円満でいられると思います。

結論

上記で述べた獲得感、喪失感レベルでみるとお見合い結婚の方が幸せになれる確率は高いです。
人間は喪失感が少なく獲得感が多ければ幸せ指数が高くなる動物です。
しかし心理学は統計学、全ての人がこうであるとは限りません。
そして人間の感情は変わるものなのでどちらの方が幸せになれるか?よりも結婚した後自分が相手に対しどう接するかで未来は良くも悪くもなると私は考えています。

婚活の真実

婚活イラスト

知っていますか?年齢が上がれば上がるほど、婚活では不利になっていくという事実。 私も結婚相談所へ行き、この事実を知りました。

結婚したいと思ったら今すぐ動き出す事が大切です。貴方にとって今この瞬間が一番若いです。 年齢を重ねる程、婚活市場では不利になっていきます。よって直ぐ行動する事が大切です。

まずは自分の恋愛傾向をチェックしてみませんか?恋愛傾向が解る事で改善点が見え改善する事で婚活が有利になる事もあります。

恋愛傾向診断テストは様々ありますが私が使用し精度が高いなと感じたのがツヴァイの恋愛傾向診断です。無料なので是非試してみて下さい。

恋愛傾向診断

またマッチングアプリも利用しましょう。女性は無料で利用できます。男性は有料ですが様々な女性と 出逢う事が可能です。マッチングアプリは私も沢山利用しましたが、ペアーズ1択で問題ないでしょう。

Pairs公式サイトはコチラ

良いパートナーを見つけて幸せになろうね。

この記事もおすすめ

パーティーパーティーが人気の理由

お勧めのネット婚

恋愛テクニック関連はコチラ

ページの先頭へ