エクシオ広島ってどう?感想や体験談!

エクシオ広島の婚活パティー体験談

女性
今回の体験レポはエクシオ広島で開かれた婚活パーティに参加された35才の女性です。この方は婚活パーティーで知り合った方と結婚した訳では有りませんが、エクシオのパーティーには6回程度参加した事があるらしく、参考になると思います!では35才A子さんのエクシオ広島体験談!

エクシオ公式サイトはコチラ

エクシオ広島の体験談

私が良く参加する婚活パーティーは広島県の内で開かれているエクシオのパーティーです。
現在私は37歳で結婚しています!初めて婚活パーティに参加したのは35歳の時で、それから今の夫と出逢うまで合計で6回ほど参加しました。
残念ながら婚活パーティーでは良い出会いに恵まれませんでした。当時、私は長年付き合っていた彼と別れた後で年齢的にも結婚への焦りがあり、思い切って婚活パーティーに一人で参加することにしました。

色々な種類のパーティーがある中で私が選んだのは、30代限定のパーティーで、料金は男性が5000円、女性が1000円でした。参加当日、緊張しながら会場に行くと、男性は10人ほどで女性も10人でした。
(1人参加限定のパーティーで平日だった為かも知れません。)
婚活風景
ライトダウンした部屋の中でテーブルをはさんで男女が向かい合って座り、渡されたプロフィールカードに自分の名前、年齢、職業、趣味、などのプロフィールを記入します。
そして司会者の合図とともに相手の方とプロフィールカードを交換し、3分間お話をします。

3分たったら男性が席を移動し、全員とお話をします。合計30分間ですが「あっという間に過ぎてしまい・・・」メモを取る余裕もありませんでした(笑)

全員と話し終わり、第一印象の良かった相手の番号を3人まで記入し、提出するのですが、あまり良いと思った人がいなかったので、困った末に適当に番号を書いてしまいました(笑)

このカードは後のフリータイム中に本人に渡されます。
よって「誰が自分を書いてくれたか?」解る仕組みになっているんですね!

フリータイムは男性側が気に入った人の所に行き3分間お話し、それを3回ほど繰り返します。フリータイムが終わると告白カードに3人まで名前を記入し、マッチングすればカップル成立です。
フリータイム後もやはり良いと思った人がいなかったので、私はとりあえずフリータイムにきてくれた人の名前を記入しました。そして、カップル成立となりました(笑)

カップルになると、まず男性側から先に退出し、女性が出てくるのを外で待つというシステムでした。私はそんなに良いと思った人ではなかったので・・・あまり気が進まなかったのですが!食事に行くことになり(笑)でもやはり、あまり楽しいとは言えず、少し後悔しました。
(私は失礼ですよね!相手の方には今思うと申し訳ない気持ちです)

そして1回目の経験をもとに、2回目以降は良い人がいなかったら無理に告白カードは書かない事、そして3分ずつお話をしたら必ずメモを取るようにしました。

だんだんと会を重ねるごとに慣れていき、カップルになった人とお茶や食事に行くこともありましたが、最終的には結婚までには至りませんでした。その後、知人の紹介で今の主人と出会うことができましたが、婚活パーティーに参加した事は私にとって「自分に合った異性を知る事が出来た」為凄く良い経験になったと思っています!

感想やポイント

今回はエクシオに参加し婚活をしていましたが、最終的には知人の紹介で結婚しました。といったお話でした。ただ婚活に参加した経験は良かったと言っていたので参加する事に価値はあると思います。

男性ポイント
今回のポイント
○婚活に沢山参加する事で異性を見る目が養われる!
○興味が無ければ無理に告白カードは書かない

エクシオ公式サイトはコチラ

婚活の真実

婚活イラスト

知っていますか?年齢が上がれば上がるほど、婚活では不利になっていくという事実。 私も結婚相談所へ行き、この事実を知りました。

結婚したいと思ったら今すぐ動き出す事が大切です。貴方にとって今この瞬間が一番若いです。 年齢を重ねる程、婚活市場では不利になっていきます。よって直ぐ行動する事が大切です。

まずは自分の恋愛傾向をチェックしてみませんか?恋愛傾向が解る事で改善点が見え改善する事で婚活が有利になる事もあります。

恋愛傾向診断テストは様々ありますが私が使用し精度が高いなと感じたのがツヴァイの恋愛傾向診断です。無料なので是非試してみて下さい。

恋愛傾向診断

またマッチングアプリも利用しましょう。女性は無料で利用できます。男性は有料ですが様々な女性と 出逢う事が可能です。マッチングアプリは私も沢山利用しましたが、ペアーズ1択で問題ないでしょう。

Pairs公式サイトはコチラ

良いパートナーを見つけて幸せになろうね。

ページの先頭へ