30代で恋愛経験無し男性の具体的対策方法!

30代で恋愛経験なしの男性は意外と多い?

ある調べによると30代でまだ1度も付き合った経験が無いと言った 男性は30代未婚の中の約20%程度いるみたいです。

国勢調査でも30代男性の未婚率は約50%なのでその中の20%となると結構いることになります。
その中でも「付き合ってみたいけど・・・」
自信が無いといった方に向けて付き合うための具体的対策を記載します!

付き合うための具体的対策

1、まずは異性と接する経験を作ろう

30才恋愛経験なしの方と何回か一緒にコンパに行った事がありますが、
「明らかに女性との接し方が下手!」です。申し訳ありませんが、30代恋愛経験なしの男性は その様な方が多い傾向にあると私のまわりでは感じています。

これは生まれ持ったものでもなんでもなく、経験不足なんです。 女性との会話で
「何故そんな質問をするのか?」
「何故そんなにもきょどるのか?」
私は恋愛経験が少ない方にはこういった共通の特徴があると感じました。

原因は簡単で女性との関わりが余り無い為、女性に慣れていないだけです。
まずはコンパや紹介などで女性と触れ合い、女性に慣れる事が大切です。

仕事だって慣れればみんな出来るようになるのと一緒です。恋愛もコツがありノウハウがあります。 ただ正解は1つでは無く、自分だけの成功ノウハウを知る必要があります。人は十人十色で一人一人違います。 なので誰かの成功ノウハウでは無く、自分自身の成功ノウハウを知る必要があります。 これを知る為には女性とのふれあいを持ち経験を積んで学んでいくしかないのです。

2、理想が高すぎる

次に恋愛歴がない人には、理想が高すぎるといった点も考えられます。
一人の友人ですが30代で恋愛経験ゼロの人がいます。
その友人は何といっても理想が高い!
30代男性

「A君ってなんで彼女作らないん?どんな人がタイプ?紹介しよっか?」
30代の友人
友人A
「顔は○○で(有名人でむっちゃ可愛い人)優しくて、気が利いて」
等色々条件が有りました。

私が話を聞いていて「あっそら彼女出来ないわ」って思ってしまいました。
このようなタイプの方に言いたい事が、理想じゃなくても結婚したいと思える人は沢山いる!
って事です。
理想=自分に合うとは限りません!恋愛経験の少ない人に限ってこのようなタイプの人が多い様に思います。
私は今までに自分の理想ドンピシャな人と付き合った事がありましたが、その人とは上手く行きませんでした。
それよりも理想じゃないけど優しくて可愛い人に心底惚れて結婚したいと思える人がいました。
このように自分の理想の人と付き合う事が正解では無いんです。

例えば外見で言うと「顔は飽きる顔、飽きない顔っていうのが有ります」
美人でも美人でなくてもそういった顔が有ります。
美人でも3ヵ月で飽きる顔っていうのが有ります。飽きる顔は人によりそれぞれなのですが・・・
まずは外見、性格関係なしに興味があれば友人でもいいから接する事です!
はじめからそっぽを向くのではなく、1人1人に対し誠実に向き合う事からはじめてください!

結論

上記の様に自分自身を見つめ直し、どんどん経験していく事で恋愛上手になっていきます。
男性、女性は正直違うものです。
女性を理解し経験を積むことで女性を幸せにしてあげて下さいね!

少し厳しい言い方になってしまいましたが、30才恋愛経験なしでも1年頑張ればきっと未来は明るいと思います。是非どんどん行動して経験を積んで幸せを掴んでくださいね!
この記事はお役に立ちましたか?

婚活の真実

婚活イラスト

知っていますか?年齢が上がれば上がるほど、婚活では不利になっていくという事実。 私も結婚相談所へ行き、この事実を知りました。

結婚したいと思ったら今すぐ動き出す事が大切です。貴方にとって今この瞬間が一番若いです。 年齢を重ねる程、婚活市場では不利になっていきます。よって直ぐ行動する事が大切です。

まずは自分の恋愛傾向をチェックしてみませんか?恋愛傾向が解る事で改善点が見え改善する事で婚活が有利になる事もあります。

恋愛傾向診断テストは様々ありますが私が使用し精度が高いなと感じたのがツヴァイの恋愛傾向診断です。無料なので是非試してみて下さい。

恋愛傾向診断

またマッチングアプリも利用しましょう。女性は無料で利用できます。男性は有料ですが様々な女性と 出逢う事が可能です。マッチングアプリは私も沢山利用しましたが、ペアーズ1択で問題ないでしょう。

Pairs公式サイトはコチラ

良いパートナーを見つけて幸せになろうね。

この記事もおすすめ

婚活で話題に困った時に使える会話術

お見合いパーティー少人数と大人数どっちが良い?


みんなの婚活期間ってどれくらい?婚活期間を徹底調査


ページの先頭へ